パッケージ依頼は【品質×対応力】で探す!pack findメディア » パッケージ製作で失敗しない基礎知識 » パッケージ製作の流れ

公開日: |更新日:

パッケージ製作の流れ

パッケージ製作を業者に依頼する際には、パッケージ製作の流れを知っておく必要があります。ここでは、パッケージ製作の流れをお問い合わせから納品までの5段階に分けて紹介していきます。まずはパッケージ製作の流れを把握して、どのようにしてパッケージが作られていくのかを学びましょう。

お問い合わせ

パッケージ製作は、まずお問い合わせから始まります。大切な納期や予算がおおまかにでも決まったら、さっそく問い合わせてみましょう。デザインやロット数などの詳細については問い合わせ後に話し合うこともできますが、問い合わせ時点で決まっていれば話もスムーズに進むでしょう。

ヒアリング

依頼するパッケージのロット数やデザイン、材質などについての詳細を話し合います。希望のパッケージの条件を伝え、業者から予算や納期を勘案した仕様を提案してもらいましょう。また、業者や依頼者の所在地によっては訪問も可能です。

お見積り

パッケージ製作の具体的な要望が決まったら、次はお見積りです。ヒアリングの内容を元に、パッケージ製作の提案と予算の見積もりを行います。パッケージ製作の費用には、デザイン費や製作費、諸経費といったさまざまな内訳があるので、詳細混てしっかり確認しましょう。

パッケージ製作

印刷

完成したデータを元に、版を作成して印刷を行います。業者によってさまざまな印刷設備を持っていますが、印刷の仕上がりは設備にも大きく影響しますので、事前に業者の公式サイトなどを見て、設備も確認しておくといいでしょう。

加工

展開図のデータをもとに印刷した紙に、さまざまな加工を施します。どんな加工ができるかは業者によって異なります。加工の種類は、パッケージの表面を保護するための表面加工と、デザイン性を向上させるための加工の2種類です。

打ち抜き

展開図をもとに作成した、木枠に刃物が仕込んである木型を用いて打ち抜きを行います。打ち抜きは、最終工程である組み立てやパッケージを実際に使用する際の使用感にも大きな影響を与える重要な工程です。

納品・完成

パッケージが完成したら納品です。打ち抜きが終わったパッケージを検品して組み立てていきます。完成したパッケージは箱詰めにされ、依頼者の元へ送付されます。これでパッケージ製作は完了となります。

まとめ

パッケージ製作は、問い合わせから始まり納品で終わる5つの工程を経て行われます。問い合わせからヒアリングが行われ、製品の仕様や納期、予算などの見積もりが行われます。その後、印刷・加工・打ち抜きといった工程を経てパッケージが完成するのです。

パッケージ製作に対応しているメーカー一覧を見る

TWO SELECTIONS
品質×対応力の高いおすすめ企業2社
ジャパン・プラス

オーダーメイド商品
が得意!

ジャパン・プラス

ジャパン・プラス
(https://www.j-p.co.jp/)

ここがポイント
  • 規格~設計まで全て自社対応!自由度が高く理想を形にできる
  • 多数の特許製品を持ち、商品開発力が高い
  • 規格品にも対応し、対応範囲が広い
化粧品パッケージ

化粧品
パッケージ

精密機器・部品パッケージ

精密機器・部品パッケージ

通販パッケージ

通販
パッケージ

配送段ボール

配送段ボール

受賞歴

  • 北区きらりと光るものづくり顕彰 2017年 きらめき企業部門
  • 北区きらりと光るものづくり顕彰 2010年 きらめきの技人部門
  • 日本パッケージングコンテスト 2017年 輸送包装部門賞
  • 日本パッケージングコンテスト 2009年 電気・機器包装部門賞受賞
  • Good Packaging1997年度 日用品・雑貨包装部門賞受賞
東京パック

豊富な金型による規格品
が得意!

東京パック

東京パック
(http://www.tokyopack.co.jp/)

ここがポイント
  • 金型が豊富なので規格品で安く早くオーダーできる
  • 什器やポップなどもオーダーできる
  • 特許製品を持ち、開発力が高い
化粧品パッケージ

化粧品
パッケージ

精密機器・部品パッケージ

精密機器・部品パッケージ

通販パッケージ

通販
パッケージ

配送段ボール

配送段ボール

受賞歴

  • TASKプロジェクト 単独開発部門 大賞受賞

※「パッケージ製作」を行うメーカー30社をピックアップ。30社の中で、以下の条件にあてはまる2社をピックアップ。(2021年6月25日調査時点)
・「ISO 9001」規格を取得している
・特許情報プラットフォーム「J-Plat Pat」にて特許取得の記載がある
・各種賞を受賞している
参照元:東京都北区公式ホームページ「北区きらりと光るものづくり顕彰(平成29年度)」http://www.city.kita.tokyo.jp/sangyoshinko/sangyo/chushokigyo/monozukuri/kensyo/h29.html
参照元:東京都北区公式ホームページ「北区きらりと光るものづくり顕彰(平成22年度)」http://www.city.kita.tokyo.jp/sangyoshinko/sangyo/chushokigyo/monozukuri/kensyo/h22.html
参照元:公益社団法人日本包装技術協会「日本パッケージングコンテスト2017」https://www.jpi.or.jp/saiji/jpc/2017/115.html
参照元:公益社団法人日本包装技術協会「日本パッケージングコンテスト2009」https://www.jpi.or.jp/saiji/jpc/2009/097.html
参照元:「Good Packaging」1997年度https://www.jpi.or.jp/saiji/jpc/2005/japanese/087.htm
参照元:東京TASK「第8回TASKものづくり大賞」http://www.task-project.net/newstop/25news/131227.html
ジャパン・プラス特許情報参照元:特許情報プラットフォーム「J-Plat Pat」 https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/PU/JP-3213560/8CBCAD7C1A39F88E7025F480A971677F412B63A6E2CBD528CA1AEEEE0AE3AA53/25/ja
東京パック特許情報参照元:特許情報プラットフォーム「J-Plat Pat」 https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/PU/JP-3224133/9EBA98BCA90D1CD905C4158BA4A08F5E760AA3AE98F7B483F90427110947F7A0/25/ja

割れ物を傷つけずに保管・梱包・配送ができるポリウレタンフィルムの魅力とは
割れ物を傷つけずに保管・梱包・配送ができるポリウレタンフィルムの魅力とは