パッケージ製作依頼会社2選|pack findメディア » パッケージ製作で失敗しない基礎知識 » パッケージの特許権と意匠権

公開日: |更新日:

パッケージの特許権と意匠権

完全にオリジナルのパッケージを製作した場合、特許出願・意匠登録をすることができます。しかし特許権や意匠権を取得することにはメリットとともに注意点もあるため、権利取得の詳細について解説します。

パッケージに特許出願や意匠登録をできる?

パッケージの特許出願について

パッケージで特許を出願することはできます。たとえばプラスチックペットボトルで、いままでにない形状のものや、機能性に優れたものを開発した場合などが該当例です。

パッケージの意匠登録について

パッケージでは特許出願とともに、意匠登録も可能です。ただし認められるにはいくつかの条件があり、新しく創作されたものであること、実際に利用可能であることなどの要件を満たした場合に権利保護の対象となります。

パッケージの特許出願・意匠登録を行うメリット

パッケージの特許出願や意匠登録を行うことには、次のようなメリットがあります。

  • 開発したパッケージデザインの権利を証明できる
  • 権利が生じた時期を明確にできる
  • パッケージの模倣に対して権利行使しやすくなる
  • 商品のブランディングに成功しやすくなる

パッケージの特許出願や意匠登録を行うと、開発したパッケージデザインの権利を法的に証明できるようになります。たとえ他社から「当社では以前からそのデザインを使っていた」と主張されたとしても、権利が生じた時期も明確になるため、模倣パッケージに対する権利の行使可能です。

結果的に特許権・意匠権を得たパッケージは開発した企業独自のものとなり、商品のブランディングにも成功しやすくなります。

パッケージ製作における特許出願や意匠登録の注意点

意匠権は類似商品のパッケージにしか効力を発揮しない

パッケージ製作で意匠権を取得した場合、類似商品のパッケージにしか効力が発揮されないことに注意してください。たとえばチョコレートのパッケージで意匠登録を行っても、書籍に同じデザインが用いられたなら意匠権では保護されません。権利の保護が限定的であることを知っておくべきです。

権利の維持には費用が必要となる

意匠権・特許権のいずれも、権利を維持するには費用が必要となります。出願時はもちろん、その後も権利を保護してもらうためには永久的に費用を払わなければなりません。ちなみに毎年支払わなければならない権利1件の登録料は、次のとおりです。

意匠権

  • 1~3年目:8,500円
  • 4~25年目:16,900円

特許権

平成16年3月31日以前に審査請求をした出願

  • 1~3年目:毎年 2,100円+(請求項の数×200円)
  • 4~6年目:毎年 6,400円+(請求項の数×500円)
  • 7~9年目:毎年 19,300円+(請求項の数×1,500円)
  • 10~25年目:毎年 55,400円+(請求項の数×4,300円)

平成16年4月1日以降に審査請求をした出願

  • 1~3年目:毎年 4,300円+(請求項の数×300円)
  • 4~6年目:毎年 10,300円+(請求項の数×800円)
  • 7~9年目:毎年 24,800円+(請求項の数×1,900円)
  • 10~25年目:毎年 59,400円+(請求項の数×4,600円)

他社の権利を侵害しないこと

パッケージ製作において意匠登録・特許出願で自社の権利を守ることは大切なことです。しかし同じように、他社の権利も大切にしてください。権利を侵害することなく、完全な独自パッケージに意匠登録・特許出願を行ってください。

パッケージ製作での意匠権・特許権取得は注意点を押さえて

パッケージで意匠登録をしたり、特許出願をしたりすることは可能です。権利を取得できれば企業独自のパッケージとなり、ブランディングにも成功しやすくなります。

ただし権利の維持にはコストがかかること、意匠権では保護される商品分野が限定的となることなどに注意が必要です。

当サイトではパッケージ製作に対応しているメーカーを30社ご紹介しています。それぞれの対応力や強みをまとめていますので、パッケージでの意匠権・特許権取得を考えているならぜひメーカー選びの参考にしてください。

パッケージ製作に対応している
メーカー一覧を見る

TWO SELECTIONS
品質×対応力の高いおすすめ企業2社
ジャパン・プラス

オーダーメイド商品
が得意!

ジャパン・プラス

ジャパン・プラス
(https://www.j-p.co.jp/)

ここがポイント
  • 規格~設計まで全て自社対応!自由度が高く理想を形にできる
  • 多数の特許製品を持ち、商品開発力が高い
  • 規格品にも対応し、対応範囲が広い
化粧品パッケージ

化粧品
パッケージ

精密機器・部品パッケージ

精密機器・部品パッケージ

通販パッケージ

通販
パッケージ

配送段ボール

配送段ボール

受賞歴

  • 北区きらりと光るものづくり顕彰 2017年 きらめき企業部門
  • 北区きらりと光るものづくり顕彰 2010年 きらめきの技人部門
  • 日本パッケージングコンテスト 2017年 輸送包装部門賞
  • 日本パッケージングコンテスト 2009年 電気・機器包装部門賞受賞
  • Good Packaging1997年度 日用品・雑貨包装部門賞受賞
東京パック

豊富な金型による規格品
が得意!

東京パック

東京パック
(http://www.tokyopack.co.jp/)

ここがポイント
  • 金型が豊富なので規格品で安く早くオーダーできる
  • 什器やポップなどもオーダーできる
  • 特許製品を持ち、開発力が高い
化粧品パッケージ

化粧品
パッケージ

精密機器・部品パッケージ

精密機器・部品パッケージ

通販パッケージ

通販
パッケージ

配送段ボール

配送段ボール

受賞歴

  • TASKプロジェクト 単独開発部門 大賞受賞

※「パッケージ製作」を行うメーカー30社をピックアップ。30社の中で、以下の条件にあてはまる2社をピックアップ。(2021年6月25日調査時点)
・「ISO 9001」規格を取得している
・特許情報プラットフォーム「J-Plat Pat」にて特許取得の記載がある
・各種賞を受賞している
参照元:東京都北区公式ホームページ「北区きらりと光るものづくり顕彰(平成29年度)」http://www.city.kita.tokyo.jp/sangyoshinko/sangyo/chushokigyo/monozukuri/kensyo/h29.html
参照元:東京都北区公式ホームページ「北区きらりと光るものづくり顕彰(平成22年度)」http://www.city.kita.tokyo.jp/sangyoshinko/sangyo/chushokigyo/monozukuri/kensyo/h22.html
参照元:公益社団法人日本包装技術協会「日本パッケージングコンテスト2017」https://www.jpi.or.jp/saiji/jpc/2017/115.html
参照元:公益社団法人日本包装技術協会「日本パッケージングコンテスト2009」https://www.jpi.or.jp/saiji/jpc/2009/097.html
参照元:「Good Packaging」1997年度https://www.jpi.or.jp/saiji/jpc/2005/japanese/087.htm
参照元:東京TASK「第8回TASKものづくり大賞」http://www.task-project.net/newstop/25news/131227.html
ジャパン・プラス特許情報参照元:特許情報プラットフォーム「J-Plat Pat」 https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/PU/JP-3213560/8CBCAD7C1A39F88E7025F480A971677F412B63A6E2CBD528CA1AEEEE0AE3AA53/25/ja
東京パック特許情報参照元:特許情報プラットフォーム「J-Plat Pat」 https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/PU/JP-3224133/9EBA98BCA90D1CD905C4158BA4A08F5E760AA3AE98F7B483F90427110947F7A0/25/ja

割れ物を傷つけずに保管・梱包・配送ができるポリウレタンフィルムの魅力とは
割れ物を傷つけずに保管・梱包・配送ができるポリウレタンフィルムの魅力とは